本・花・鳥(ほん・か・どり)

本とか植物とか野鳥とか音楽とか

かかしコンテスト1&今日の独り言

案山子として正しい案山子(笑)。一部けったいなのがあるけど・・・。

f:id:suijun-hibisukusu:20190920225157j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190920225201j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190920225205j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190920225208j:plain





2019年9月20日の独り言

増税前のまとめ買いってのをニュースで見るが、どうせ上がってからまた買うことになるんだろうにと思うし、まとめ買いで使う額が大きそうでもったない(笑)。


高齢と思しき運転者の、古いタイプのミニを目撃。今時の軽自動車より小さなボディで、丸いサイドミラーが可愛い。


うわぁ面倒くさいジジイ。そんな飯、行きたくない。【引用】岡村隆史堺正章の誘いを知らずに4回断っていた 厳しい言葉にガッカリ https://news.livedoor.com/article/detail/17110027/


めんどくさいジジイと関わる羽目になり、ほとほと嫌になっている。


院長センセも踊っている飯山赤十字病院のパプリカダンス。


夕刻、車の窓を開けて走っていると、乾いた涼しい風と虫の音と早くなった日暮れでなんとも秋が濃くなった気配。やや物悲しくはあるけれど、夕景を愛でる者としては夜が長くなる秋分が嬉しい。


逆に言えば冬至を過ぎ春分が過ぎると辛い。


生チョコモンブラン食べて、美味かったけど胃がもたれる。


藤沢の大庭図書館のトイレは何となくホテルのトイレっぽい匂いがした。建材のせいなのか芳香剤なのか、いずれにせよ清潔さが感じられたな。

アマガエル@自然観察会&今日の独り言

ちびアマガエル、可愛いなぁ。

f:id:suijun-hibisukusu:20190919223538j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190919223541j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190919223544j:plain




2019年9月19日の独り言

検察が立件しなかったものを強制起訴で有罪まで持ってくのは難しかろうな。【引用】福島原発事故東京電力の元会長ら旧経営陣3人に無罪判決 東京地裁 https://news.livedoor.com/article/detail/17105464/


昨日のテレ東「 家、ついて行ってイイですか?」に地元に住む人が出てきて、沿道の風景がよく知っているものだった。地元駅から徒歩30分で8000万なんて一戸建てがあるんだな。もっと便利な場所が買えそうだけど。


彼岸の入りを前に墓参。帰路に不二家売店でミルキーソフト美味美味。いい日だ(笑)。

自然観察会の蝶類&今日の独り言

まだ葉っぱの茂るこの時期は鳥見よりも虫見。蝶が何種類か見られた。写真は撮れなかったが、クロアゲハやアオスジアゲハもいた。

イチモンジセセリ
f:id:suijun-hibisukusu:20190918224732j:plain


ミスジチョウ?
f:id:suijun-hibisukusu:20190918224736j:plain


モンキアゲハ
f:id:suijun-hibisukusu:20190918224743j:plain


スジグロシロチョウ
f:id:suijun-hibisukusu:20190918224748j:plain



2019年9月18日の独り言

天文にはまったくの素人だが(星を見上げるのは好きだけど)、元SF者としてはこういう話はワクワクする。【引用】急接近する奇妙な彗星を発見、また太陽系の外から? 最接近は12月29日 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00010001-nknatiogeo-sctch


特に目新しい話もないが、まぁとにかく能年の仕事が増えているのはいいことだ。三つくらいのCMで目にするようになったし。【引用】芸能界の秩序を維持するため?のんが干された背景に「鉄の掟」 https://news.livedoor.com/article/detail/17098661/


もしやクローンでも作るつもりかと思ったが、費用が莫大で割に合わないだろうな(笑)。【引用】また名馬のたてがみが切り取られる被害 フリマアプリに出品か https://news.livedoor.com/article/detail/17099161/


雨の中を自転車走行。なるべく水たまりを避けて走るが、子供の頃、水たまりに自転車を乗り入れて水を切るのが楽しかったなぁと思い出す。


高くなったのねぇ。大衆車って言えるのかしらん。この価格ならプリウスって人が多いのではと思う。【引用】53年の歴史で初の“大型カローラ”は吉と出るか https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00010000-newswitch-ind


昨日、現行カローラとツイートしたが、自分が乗っていたのはもはや前型カローラだった。ヴィッツベースだから現行に比べると相当にコンパクトだったろうな。

アオマツムシ(多分)&今日の独り言

頭上からアオマツムシっぽい声がしていて(高周波で大音量な虫の音)、梅の木を見上げたらこの虫がいたので多分アオマツムシ。鳴く時って羽をひろげるのね。

f:id:suijun-hibisukusu:20190917213413j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190917213416j:plain





2019年9月17日の独り言

逆鉾逝去か。同年代なので痛ましい。小兵力士でそこそこ強く、関脇で勝ち越しを続けていたので大関に最も近いと言われながら上がることはなかったが、見ていて面白い相撲だったな。


逆鉾は稽古嫌いだったらしく、父親の井筒親方(当時)が「北勝海の半分も稽古をすればとっくに上にあがっているのに」と嘆いていたという話があるが、そういう逸話も含めて名力士であろう。


韓国の玉ねぎ氏とウッチャンて似てる気がする。


朝刊にまた郵政の自爆営業ネタがあったが、過剰なノルマの押し付けってやっぱり民営化の産物ではなかろうか。民営化になんの得があったのかよく分からん。


せっかく下がったガソリン価格がまた上がるか。


オフィシャルな場に疑似家族関係を持ち込むのは日本人にありがちかも。【引用】職場で「お母さん」と呼ばれる女性たちのモヤモヤ。「僕を息子だと思って」と言う男子学生も|BUSINESS INSIDER https://www.businessinsider.jp/post-198743


飲食店などで店の女主人を「お母さん」と呼んでいるのをテレビで見ることがあるが、何となく気持ち悪い。


ついに3ナンバー化するのか。現行に乗っていたが、5ナンバーだから使い勝手が良かったのに。【引用】新型カローラ・セダンを購入した筆者が語る5つの魅力 「ワクワク装備」https://news.livedoor.com/article/detail/17095768/

9月14日の雲&今日の独り言

f:id:suijun-hibisukusu:20190916224403j:plain



2019年9月16日の独り言
投資信託のオススメメールを見ているのだが(今のところ買わないけど)、よくまぁあれだけ細かいところまで投資のネタを作るものだなぁと感心している。


ただ、アクティブファンドとインデックスファンドを比較すると、どちらも最終的なリターンは変わらないそうだ。だとするならあえてハイリスク・ハイリターンを狙う必要はなさげ。


概ね女性的な印象があるが、店でものを訪ねるときなどに自分も使っていることがある。柔らかいニュアンスにしたいのかしら(笑)。【引用】のび太の「~かしら」は女性的? 言葉の歴史を紐解いてみた https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000001-jct-soci


ヤマガラかわいいなぁ。


アオサギの飛翔はかっこいい。


35年ぶりくらいに自転車の空気を入れたが、バルブによってやり方変えるなんて昔の空気入れにはなかったのに、めんどい。入れては洩れるを繰り返してやっと完了。腕疲れた。空気入れは英式バルブのみで良い(←暴論)。


NHKのラジオニュースは「種馬」、民放テレビでは「種牡馬(しゅぼば)」と言っていたが、なんか種馬の方が生々しい(笑)。


朝ドラの妹は相変わらず幸薄そうだな。清原果耶には薄幸な役がよく似合いそう。


太陽が出てきたので夕陽出動してみたら、夕陽は見られなかったが虹が綺麗だった。大きく天空に弧を描く虹を見たのは初めてかもしれない。

9月10日の夕景&二日間の独り言

雲の分厚い夕暮れだったが、複雑な色に焼けた。

f:id:suijun-hibisukusu:20190915222822j:plain

f:id:suijun-hibisukusu:20190915222825j:plain





2019年9月14日の独り言

ライフで売っている群馬産豚モモ切り落とし(脂肪少ないのが良し)を愛用している。埼玉と群馬は隣接しているし、何とか阻止しようとするんだろうな。【引用】関東に波及、豚肉供給に影響も=一大産地抱え警戒強まる https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000020-jij-pol


本日も施設の職員さんの踊る「パプリカ」を目撃。微笑ましいなぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=OJpMKUH0ez0


チョコモナカジャンボが久々にパリパリ。嬉しい。


今日は確かに百舌の声を聞いた気がする。





2019年9月15日の独り言

昨日まで涼しすぎるほどだったのに今日の暑さよ。それでも空気が乾燥しているので蒸し暑くはない。


久々に自然観察会。アオマツムシを初めて見た。


再びのモズ声。観察会メンバーさんは全員目視したのに自分だけ見つけられず・・・、残念(笑)。


アオスジアゲハ、ジャコウアゲハモンキアゲハ、クロアゲハ、スジグロシロチョウミスジチョウ、コミスジイチモンジセセリなど、蝶類を結構見た。


アマガエル、ツチガエル、カナヘビニホントカゲ(厳密にはヒガシニホントカゲ?)なども。


17アイスを久々に食べたが、販売機から出たてなので固い。アイスは柔らかめが好み。

雪の階/奥泉光

昭和十年、公家華族の令嬢である笹宮惟佐子が友人の死の謎を解き明かそうとするミステリ仕立ての小説だが、やっぱり純文学畑の作家のせいか、謎解きの興味とともに、戦前の社会を綿密に描き出している。


主人公の惟佐子は数学と囲碁を好み、かなり素っ頓狂な性格もあってかなりぶっ飛んだお嬢様ぶりに描かれており面白い。


数少ない友人が富士で心中を遂げたことに違和感を持った惟佐子は、かつての「おあいてさん」だった牧村千代子と共に謎の解明に乗り出すのだった。


余談だが「あおいてさん」とは元々の家来筋の家から選ばれた遊び相手で、佐々木邦の「苦心の学友」も言わば「おあいてさん」だったんだなぁと思い起こす。


惟佐子の父、笹宮伯爵は天皇機関説を排撃する貴族院議員で、自分では陰謀家であると自負しているが、騒ぎの尻馬に乗りたいだけの小物であることを惟佐子に見抜かれており、その辺の描写がユーモラス。


2.26事件をモチーフに、きな臭い雰囲気が漂い始めた社会背景を克明に描いているのは現代との対比かしらんとも思う。妙な策謀やらカルトめいた妄想やら、何となく現代とリンクしているような気がするのだが。そういう緻密な描写があってこそ、謎解きの面白さが生きてくるような気がする。


度はずれている惟佐子に対し、初の女性写真家として頑張る千代子の常識的な生き方を最後に持ってきて、不気味な物語にホッとした感をもたらしているような気がする。


しかしまぁ大冊であり、これがエンタメなら克明な描写は省いているのだろうなと思ったことである。


雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)