本・花・鳥(ほん・か・どり)

本とか植物とか野鳥とか音楽とか

ミステリー・冒険小説・サスペンス

新参者/東野圭吾

日本橋署の刑事、加賀恭一郎を主人公とするミステリー。 小伝馬町のマンションで40代の女性が殺された。主に捜査に当たるのは警視庁捜査一課だが、所轄の刑事として頻繁に現場周辺を歩く加賀は、飄々とした態度で人々の間に入り込んで真相に迫っていく。 一…

処刑人の秘めごと/ピーター・ラブゼイ

イギリスのバースを舞台に、頑固で傲慢で昔気質の刑事ピーター・ダイヤモンドが活躍するミステリーシリーズだが、著者が高齢名事もあり、2008年に出版された本作がシリーズが最終作かな。 女性の首つり死体が見つかり、ダイヤモンド警視と部下が操作を担当す…

浪花少年探偵団/東野圭吾

20年ほど前からすっかり文芸色が強くなってしまった感のある著者の作品だが、30年以上前に書かれている本作品はドタバタとしてエンタメ味たっぷりだ。 主人公は小学校の6年担任のしのぶセンセ。乱暴で行動的でおっちょこちょいで、読んでいて楽しいキャラク…

今昔続百鬼-雲/京極夏彦

著者お得意の妖怪ミステリー。基本的に怪異はなく、自称妖怪研究家の多々良勝五郎(傍若無人で自分勝手な迷惑親爺)と、語り手の沼上(伝説好きで、多々良を一応センセイと呼んで迷惑がりつつ僅かに敬っている)が地方を旅しながら出くわす事件を描いたドタ…

ゼロ、ナナ、ゼロ、ハチ。/辻村深月

語り手、神宮司みずほの幼なじみ望月チエミが母親を殺して失踪した。みずほはチエミを探すべく、縁ある人々を訪ね歩くことに。 みずほは東京でファッション誌のライターを仕事としている。言わば華やかな業界だ。片や地元に残ったチエミは、狭い街中での生き…

アンと青春/坂木司

デパート内の和菓子屋でアルバイトする梅本杏子(あだ名はアン)が語り手となり、和菓子の世界と謎解きが展開される青春ミステリー。「和菓子のアン」続編。 suijun-hibisukusu.hatenablog.com 食べることが大好きでぽちゃぽちゃしているアンの真っ直ぐさが…

ノースライト/横山秀夫

主人公の青瀬稔は建築家で、バブルに踊ったあと一時は凋落し、離婚も経験しているが、友人の経営する建築事務所に誘われてそれなりに生活を立て直している。 注文建築でデザインしたY邸が評価を受け、建築雑誌にも紹介されるほどの傑作になっているが、信濃…

ツナグ/辻村深月

死者に会いたいと願う者と死者の橋渡しをする使者(ツナグ)をモチーフとした連作。ファンタジーの括りになるだろうが、ミステリーとしての趣も十分で読み応えがある。 地味で冴えなくて引っ込み思案の女性が、街角で具合が悪くなっている自分を助けてくれた…

江ノ島西浦写真館/三上延

江ノ島と写真という、どちらも好きなものを題材にしているらしいので読んでみた。 主人公の繭は、江ノ島に写真館を持っていた祖母が亡くなり遺品の片づけに通っている。写真大学で学んでいた過去があり、写真やカメラに親しんでいたのに、自分の写真でひとを…

エンジェルメーカー/ニック・ハーカウェイ

主人公のジョー・スポークは実直な時計仕掛け機械の職人で、工房で独りこつこつと仕事をしているが、父親は犯罪界の大物であり、ジョーも地下世界とゆるく繋がっていたりする。そんな繋がりから持ち込まれた、精密機械を修理する仕事を仕上げて納品したとこ…

絆回廊 新宿鮫Ⅹ/大沢在昌

キャリア警官ながら出世街道からはずれ、有能な一警官として淡々と生きる鮫島を主人公とする新宿鮫シリーズ第十弾。久々に読んだがやはり面白い。 物語の発端は、妙に昔気質な売人から鮫島が「警官を殺したいからと拳銃を求める男がいる」と聞きこみ、そこか…

眠る狼/グレン・エリック・ハミルトン

主人公のバン・ショウは米陸軍の軍人で、負傷休暇を取って故郷に戻ってきた。10年間疎遠にしていた祖父から「戻ってきて欲しい」と懇願されたのだ。しかし、祖父の家に着いた途端、祖父が銃撃されたところに出くわす。そして、バンの犯人捜しが始まるのだっ…

ホテルジューシー/坂木司

本書の主人公柿生浩美は「シンデレラ・ティース」の叶咲子の友人であり、冒頭、夏休みのアルバイトを一緒に探しているという同じシーンから始まる。浩美は大勢の弟妹の世話をしてきたしっかり者で、一本気で責任感の強い性格である。弟妹の手が離れて暇にな…

シンデレラ・ティース/坂木司

歯医者嫌いの女子大生、叶咲子(おっとりしたお嬢様タイプ)が歯科受付のアルバイトをする羽目になり、そこで出会う患者のちょっとした謎をオタク気質の歯科技工士が解き明かしていくという、いかにも著者が書きそうなほのぼのお仕事ミステリーである。そこ…

スティグマータ/近藤史恵

ヨーロッパで自転車ロードレースのアシストととして活動する白石誓(チカと呼ばれる)を主人公に、自転車レースにまつわるトラブルをサスペンスフルに綴る人気シリーズの第四弾。ドーピングで自転車レース界を追われたかつてのヒーロー、メネンコがツール・…

岩窟姫/近藤史恵

人気グラビアタレントとして華やかな生活を送っていた蓮美は、仲の良かった友人(やはりタレント)の沙霧が蓮美への恨みつらみをブログに発表し、自殺したことでどん底に突き落とされる。6ヶ月の間引きこもり、端から見ても分からぬほどに太ってしまった蓮美…

ブッポウソウは忘れない 翼の謎解きフィールドノート/鳥飼否宇

著者は野鳥保護活動でも有名なミステリー作家である。本作はその領域でのミステリーとあって鳥好きとしては興味を持たずにいられない。主人公の宗像翼は鳥類学を専攻する大学四年生。上級生に恋をし、特に目標があった訳でもないのに上級生のいる方へ進路を…

傷痕/桜庭一樹

子供の頃からファミリーバンドのセンターとして人気を集め、長じて後は優れた音楽性とカリスマ的な存在感で音楽界に君臨したキング・オブ・オップは、銀座の廃校跡に「楽園」と呼ばれる屋敷を作り、傷痕と名付けた養女に仮面をかぶせて育てている。そしてキ…

田嶋春にはなりたくない/白河三兎

大学内の変わり者、田嶋春を狂言回しにした青春ミステリー。ちゃらいイベントサーク「N.A.O」のメンバーは、カースト内で下位にならぬよう空気を読んでスマートに立ち回ることを信条としているような軽薄で傲慢な学生たちだが、田嶋春(タージ)という異分子…

おまえさん/宮部みゆき

ぐうたらで役立たずを自認する町奉行所同心の井筒平四郎と、平四郎の妻の甥っ子で、井筒家の跡取り候補である弓之助(頭脳明晰な美少年だが、夜尿症が心配な14才)が事件の謎を解く、お江戸ミステリーの第三弾。今回の謎は、街中で斬り殺されていた身元不明…

マルトク 特別協力者 警視庁公安部外事二課ソトニ/竹内明

著者の本業はTBS記者で、キャスターとして夕方のニュースにも出演している。警察やインテリジェンスの世界に詳しいらしく、その方面に何冊かの著作があるが、本作はノンフィクションではなく、諜報の世界を舞台にしたミステリー。かつて外事二課のスパイハン…

黒猫の小夜曲(セレナーデ)/知念実希人

高次の霊的存在である「道案内」は死者の魂を「我が主様」のもとに送り届けることを任務としている。魂が素直に従えば良し、この世に未練を残していると「地縛霊」となってなかなか「我が主様」のもとへ行こうとしないので、それを説得するのも役目であるが…

流/東山彰良 

直木賞受賞作。70年代後半から80年代にかけての台湾を舞台にした青春小説である。主人公の葉秋生は高校教師の厳格な父を持つが、豪放磊落でアウトローな感じの祖父に可愛がられ育ってきた。元々は優等生だったのに悪い幼なじみの感化を受けて道をはずれかけ…

特捜部Q 檻の中の女/ユッシ・エーズラ・オールスン

コペンハーゲンが舞台の警察小説である。文芸評論家の池上冬樹(ミステリーと耽美的な文学作品が得意分野)が、いま最も面白い警察小説として挙げていたので読んでみたところ、確かに評価に違わぬ面白さだ。主人公のカール・ハンスは辣腕の刑事だが、捜査中…

書楼弔堂 破暁/京極夏彦 

維新から二十年も過ぎる頃、奇妙な古本屋に現れる顧客と店主の会話によって構成される明治開化古書小説である。語り手の高遠は大身旗本の末裔で、家族の住む屋敷から離れ、東京郊外で療養生活を送る遊民(廃者(すたりもの)を自称する)である。中途半端な…

和菓子のアン/坂木司 

デパ地下に出店する和菓子屋を舞台にした美味しいミステリー。主人公の梅本杏子はお菓子が大好きな丸ぽちゃの18歳である。高校卒業に際し、無駄に大学へ行く気はないがすぐに就職して人生が決まるのも何だかなぁとモラトリアムなことを考えているうちに五…

ジョーカー・ゲーム/柳広司

数年前に話題になった、戦前日本を舞台とする連作スパイミステリー。「敵に囚われたら潔く戦って死ね」の武士道を信奉する帝国陸軍に、異端のスパイ養成組織D機関が誕生する。隠密に行動し、決して戦わぬ組織は旧弊な陸軍においては卑怯者の集まりに過ぎず…

タルト・タタンの夢/近藤史恵

文庫化にて再掲。とても美味しいミステリー連作である。語り手がホール係として勤めるビストロ・ラ・バルは商店街の一角にある小さな店だが、フランスの家庭的な惣菜料理が人気で、固定客も付いている。そんな店で起こる「なぜ常連の西田さんは食欲不振にな…

ぐるぐる猿と歌う鳥/加納朋子

文庫化にて再掲。 加納朋子が児童向けミステリー叢書「講談社ミステリーランド」に書き下ろしたミステリー風味の少年小説である。主人公の高見森(タカミシン)は無鉄砲でへそ曲がりな小学五年生だ。父親の転勤で北九州の社宅に引っ越し、地域の子供達と知り…

漂う殺人鬼/ピーター・ラヴゼイ 

バース警察署のピーター・ダイヤモンド警視の活躍を描くシリーズ8作目。混み合う海水浴場で単独の海水浴客が殺された。衆人環視の中、目撃者はない。捜査に当たるボグナー・リージス署のヘンリエッタ・マリン主任警部は被害者の身元を突き止めるのに苦労す…